Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://geinoufriday.blog68.fc2.com/tb.php/43-9e8794c5

-件のトラックバック

[T18] マトリックス時代の幕開け ネット起業

今猛烈な勢いで広がるネット起業 分かりいツールをPICUPして紹介します

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「DJ OZMA」の【《恥ずかし~い》熱愛&素顔】を丸ハダカにする!

「DJ OZMA」の【《恥ずかし~い》熱愛&素顔】を丸ハダカにする!

昨年大晦日のNHK紅白で勃発した女性ダンサーのヌード騒動(実はオッパイが描かれたボディスーツ)で、一躍、知名度が全国区になったアーティストのDJ OZMAオズマ。本名は尾妻野純直おづまの すみただ(ただし、本人の自称)、生年月日不詳(実は30歳)と、いかにもウサン臭さ全開の男である。その実体は学ラン姿がトレードマークのバンド『氣志團』の団長でボーカルの綾小路 翔(自称永遠の16歳)と同一人物といわれるが、OZMA本人はこれを否定している。などと言っても、NHKの橋本元一会長が謝罪したり伊吹文明文科相が不快感を示したりするなどの大騒ぎになるまで、綾小路もOZMAも知らなかった中高年視聴者にとってはチンプンカンプンだろう。そこで、本誌は前代未聞の騒動を起こした張本人OZMAの、とってもエロ恥ずかしい正体を、この際、丸ハダカにすることにした。

★原点は韓国の人気ユニットにある

 OZMAが誕生したのは'06年3月のこと。韓国のヒップホップグループ『DJ DOC』が'00年に大ヒットを飛ばした「RUN TO YOU」を'04年に台湾のアーティストがカバー。それを聞いたOZMAが今度は日本語でカバーしたのが紅白でも歌った『アゲ♂アゲ♂EVERY★騎士』である。ちなみに、韓国の『DJ DOC』は暴行や飲酒運転を繰り返し、悪童とされている。OZMAの悪ノリは法律を破っていないだけマシなのである。

少年時代はごく普通の髪型だった

 OZMAとしては金髪チリチリ頭、綾小路としては特大リーゼントと、やたらと髪型にこだわりを見せる彼だが、写真の通り小学校時代はごくフツーの髪型で「房総の狂犬」(あくまで自称)の面影はない。ちなみに当時の彼はピアノのお稽古ごとをさせられていたおぼっちゃまであり、暇さえあれば少女マンガの模写ばかりしていた。

 ただし、中学に入ると、すっかり色気づき、「“夜のオカズ”がないのなら、自分で描こう」(本人談)と、大好きだった『きまぐれオレンジ☆ロード』の鮎川まどかをエロっぽく描いては、散々、その晩のオカズにしていたスケベ少年であった。また中学からバンド活動を始め、ギターは新聞配達をして買ったという。当時はNHKも大喜びの良い子なのである。このころはちょっとおしゃれな髪型で卒業アルバムに写っている。モヒカン頭の女芸人・まちゃまちゃとは、中学時代の同級生である。

 高校は千葉の県立高校で、ここでグレる。暴走族に入り、千葉では有名なヤンキーとなる。しかし、高校の卒業アルバムは坊主頭。別に数々の悪行を悔い改めたわけではなく、不良仲間に髪の毛を剃られただけだと本人が告白している。

★OZMAは巨チンの星である

 かのヌード騒動の際、衣装の股間部分にしっかりキノコ型の“偽チン”をつけていたOZMAだが、本人は前々から自分がとんでもないイチモツの持ち主であると喧伝している。その大きさたるや、「小学校時代はあまりのデカさに“前ウ○コ”と呼ばれていた」ほどで、紅白リハーサルの際も「ぼくは視聴率より膨張率が大事」という名言(?)を吐いていたほど。ただし、その巨チンぶりはあくまで本人の自己申告であり、実体は謎に包まれている。

★美男ではないが女にも男にもモテモテ

 '03年、当時、綾小路だったOZMA(あーっ、ややこしい)が出てきたのは女性デュオ『PUFFY』の吉村由美の自宅マンション。当然、由美も一緒である。二人が向かったのは近所の庶民的な居酒屋。1時間後、店を出てきた二人はホロ酔い加減でマンションへと戻っていった。素顔は氣志團風のファッションではなく、どちらかというとOZMA風。ステージで見せている姿とはまったく違った。本人を直撃すると、イメージが違うことを利用して「えっ、人違いですよ」とすっとぼけたのである。綾小路もOZMAも豪快な印象だが、素顔は意外と姑息なのである。

 ちなみにOZMAの交友関係は広く、昨年4月26日の誕生日パーティ(年齢不詳なのに誕生日があるのはヘンだけど)に集まったのは、二枚目俳優の伊藤英明、『EXILE』のATSUSHI、ピン芸人のマイケルにマジックのマギー審司、阪神タイガースの鳥谷敬とバラエティに富んでいた。

★OZMAはとってもキャバクラ好き

 本誌が六本木のキャバクラでウハウハとノリまくっていたOZMA(当時は綾小路)をキャッチしたのは'04年11月。当時は吉村由美と同棲中だった。にもかかわらず、キャバクラでは「カノジョはいない」と言い張り、お気に入りの女の子にピッタリ密着だったのである。が、店から大人数で出てくるや、アッサリと女の子たちとバイバイ。でも、これはOZMAの陽動作戦。連れの友人と別れると携帯で連絡。やがて、その場に現れたのが、さっきまで彼とイチャついていた女の子。そのまま彼は彼女のマンションへと直行。連れにも、もちろん同棲中だった由美にも隠れて一泊愛を堪能したのだった。

 キャバクラには週1~2回のペースで通っていた。しかもキャバ嬢に『歌って』とせがまれると、上機嫌で持ち歌を何曲も歌いまくっていたのである。


☆ ☆

 ところで、橋本会長までが陳謝することになったあのパフォーマンス。本当にNHKサイドは何も知らなかったのか?

「もちろん、現場の主要スタッフは知っていた。本番前の記者会見でOZMAが『脱ぐしかない』『エンターテイメント性のある股間を見せたい』とカゲキ発言を連発する横で、チーフプロデューサーが『本番ではもっとすごいことをします』と断言していたんだから確信犯です。第一、どんな衣装を着るかで当てる照明も違うんだから、当初の打ち合わせと違う衣装を着るなんてことはあり得ない。大騒ぎになるにつれ、NHK特有の保身が顔を出して、“OZMAの独断”になったんです。あの豹変ぶりに事情を知っている関係者は苦笑いしていましたよ」(紅白担当記者)

 なお、OZMAが登場時の瞬間視聴率は43.8%と夜10時台ではダントツの高さ。全体で見てもSMAPに次ぐ2番目。お騒がせ男、OZMAこそ、実は低迷久しい紅白視聴率アップの功労者だったのであ~る。

関連画像



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://geinoufriday.blog68.fc2.com/tb.php/43-9e8794c5

1件のトラックバック

[T18] マトリックス時代の幕開け ネット起業

今猛烈な勢いで広がるネット起業 分かりいツールをPICUPして紹介します

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

記者FRIDAY

Author:記者FRIDAY
皆さんに新鮮な芸能NEWSをお届けします!
墨田区在住!29歳 独身
サイトに関するお問い合わせは‥
geinou_friday→あっと←yahoo.co.jpマデ!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。